でガ割007 実質CO2排出量ゼロ 地球環境を守り、おトクに生活できるメニューです!

でんきの再生可能エネルギー実質100%!

地球にも家計にもやさしい「でガ割007」

でガ割007は、実質再エネ100%・CO2 排出量ゼロのでんきとガスのセットプランです。
割安料金となる夜間時間帯を長めに設定(毎日0時~7時)しているので、EVを自宅充電されている方やご利用を検討されている方にオススメです。
また、環境にやさしいプランをお探しの方、毎月電気は200kWhまで使わないけど155kWhは超えている、太陽光発電をご利用されている…そんな方にもオススメです。

「でガ割007」3つのポイント!

Point01

実質再生可能エネルギー100%、CO2排出量ゼロ!

当社が調達した電気に、東京電力リニューアブルパワー株式会社から調達した再生可能エネルギー指定の非FIT非化石証書を組み合わせることで、実質再生可能エネルギー100%・CO2排出量ゼロの電気をお客さまへ提供します。
一般の電気料金プランとガソリン車をご利用の場合、1年で約4トン分のCO2排出量を実質ゼロに。樹木に換算すると272本分のCO2吸収量に相当します。※1

CO2排出量実質ゼロとは?

でガ割007は、一般的に発電された電気に再エネ指定の非化石証書を付すことで、「実質的に」 再生可能エネルギー100%の電気をお客さまにお届けするプランです。
なお、でガ割007の電源構成および非化石証書の使用状況については、ホームページに掲載している「当社の電源構成」からご確認ください。

でガ割007の電源構成は?

Point02

夜間の電気料金がとってもおトクでEVを導入しやすい

でガ割007はEVの充電を念頭に置いた夜間料金を設定。EVを所有・ご検討されているお客さまにもオススメです。
太陽光発電をご利用されている方にも、おトクな料金プランです。

EV車をご使用の場合、標準的な電気料金とガソリン車と比較し、月々約6,190円、年間で約74,000円 おトクになります。

Point03

EVを所有していなくてもおトクです!

EVを所有していなくても、月155kWh以上(夜間率23%)の場合、他社のCO2排出量実質ゼロのでんき、ガスのセット料金よりもおトクです。

近日公開予定 でガ割007 料金シミュレーション

お申し込み

お問い合わせ

受付時間 9:00 - 17:00 ※日曜祝日除く

固定電話・PHSのお客様

0120-0365-54

携帯電話のお客様

0297-72-3165

04-7182-4175

< 試算条件等 >

電気、ガスいずれも料金に消費税等相当額を含み、燃料費調整額(電気)、原料費調整額(ガス)は含まず、10円未満の単位を四捨五入し、電気料金は再生可能エネルギー発電促進賦課金は含みません。

電気料金

※2 の電気料金は、EVの充電を前提とした550kWhの使用量、夜間率44%とした場合の使用量242kWhに対して、でガ割007は夜間料金単価、従量電灯B・さすてな電気は第3段階料金単価に乗じた試算であり、基本料金は全てのメニューにおいて含みません。なお、「でガ割007」は、当社の「でガ割007 料金その他の供給条件の内容(2022年2月1日実施)」より算定し、「従量電灯B」は、東京電力エナジーパートナーの特定小売供給約款(令和元年10月1日実施)より算定し、口座振替割引額は含まず、「東京ガス さすてな電気」は東京ガスの「電気料金メニュー定義書(さすてな電気専用) 【さすてな電気・A 契約タイプ(東京電力エリア)】(2022年1月19日実施) 」より算定しています。
※4 の料金は、東京電力エナジーパートナー の特定小売供給約款(令和元年10月1日実施)により算定し、口座振替割引額は含みません。
※5 の料金は、「でガ割007 料金その他の供給条件の内容」(2022年2月1日実施)」より算定し、セット割を含みます。
※6 の料金は、東京ガスの「電気料金メニュー定義書(さすてな電気専用) 【さすてな電気・A 契約タイプ(東京電力エリア)】(2022年1月19日実施) 」より算定しています。
※10 でガ割007は契約電流40アンペア以上からお申し込み可能です。

共通

〇お客さまのご使用状況などによりお得とならない場合があります。
〇年間のおトク額は、いずれも月額料金の差額を12倍したものであり、実際のメリット額とは異なる場合があります。
※1電気の使用量を400kWh/月、ガソリンの使用量を60ℓ/月とし、二酸化炭素排出量は、電気を(4,800kWh)×(令和元年度全国平均の二酸化炭素排出係数0.445 kg-CO2/kWh)として試算、ガソリンを(ガソリン720㍑)×(二酸化炭素排出係数2.32kg-CO2/l)として試算、樹木への換算は、( CO2排出量)÷(スギの木1本あたりの二酸化炭素年間吸収量14kg-CO2)として試算しました。
・電気の二酸化炭素排出係数については、資源エネルギー庁参照(https://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/electric/gwc/gwc_002.html
・ガソリンの単位あたり二酸化炭素排出量は、環境省参照
https://www.env.go.jp/council/16pol-ear/y164-04/mat04.pdf
・樹木換算については、林野庁参照
https://www.rinya.maff.go.jp/kanto/ibaraki/knowledge/breathing.html
※3のガソリン単価は、資源エネルギー庁石油製品価格調査のレギュラーガソリン(令和4年1月13日公表)になります。